ぼくらの地球とぼくらの学校 〜Art of Human being〜

Description
※東京都の緊急事態宣言の延長に伴い、オンラインのみのチケット販売とさせていただきます。
会場参加のチケット購入済みの方は、恐れ入りますがメールをご確認ください。

新時代! 教育は変わる!
今世界中が最も注目している学校!
「グリーンスクール!」
日本人初!の卒業生が登壇!
インドネシアのバリ島にある「グリーンスクール」がサスティナブル(持続可能)な学校として今世界中で一番注目されているのを知っていましたか?

戦後75年もの間「島国」日本は、残念ながら「教育」でも「島国」として取り残されてしまいました。

社会では「SDGs」や「LGBTQ」など「個」を重視した「主体性」が叫ばれています。

また教育の世界では「探求」や「対話」などを重視した様々な教育も着目されています。

あなたのお子さんや、あなたの働く教育現場ではいかがですか?

これからの時代は「教えない教育」を!?

登壇者
「つゆきしいな」さん

2001年横浜生まれ、中華街育ち。
15才まで日本の公立学校に通い、高校3年間を「世界一エコな学校」と言われるインドネシアの「Green School Bali」で過ごし、2019年6月に卒業。
2018年にCOP24(気候変動枠組条約締約国会議) in Poland、2019年にCOP25 in Spainに参加。
肌が弱かった妹のために口紅を開発し、Shiina Cosmeticsを立ち上げる。
2019年9月、慶應義塾大学環境情報学部に入学。
現在は、気候変動についての講演会を全国の中学生・高校生に行うため、休学中。




「汐見稔幸」さん

1947年 大阪府生まれ。東京大学名誉教授、日本保育学会会長、
全国保育士養成協議会会長、白梅学園大学名誉学長、
社会保障審議会児童部会保育専門委員会委員長、
一般社団法人家族・保育デザイン研究所代表理事。

専門は教育学、教育人間学、保育学、育児学。21世紀型の教育・保育を構想中。
保育についての自由な経験交流と学びの場である臨床育児・保育研究会を主催。
同会発行の保育者による本音の交流雑誌『エデュカーレ』の責任編集者も務め、
学びあう保育の公共の場の創造に力を入れている。
小西貴士氏らと21世紀型の身の丈に合った生き方を探るエコビレッジ「ぐうたら村」を建設中。





「いぬかい良成(Charlie)」さん

キリマンジャロ登頂成功!ヨガや瞑想なども取り入れながら、世界約20カ国の教育施設を周り、
自らの幼稚園や保育園・学童保育などでもPBLなどの探求

学習や、イタリアのレッジョエミリア教育などに影響を受け、自ら日々探究し続けている。
学校法人SEiRYO学園 / 理事長・教育活動家
www.narashinodai.ed.jp/
著書:「子どもは悪い子に育てなさい」
http://amzn.to/2fQksBA



そんな三者が奏でる「ぼくらの地球とぼくらの学校〜Art of human being〜」

5月23日(日)13:00〜キックオフ!

国際文化会館から日本が変わっていく事間違いない!
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#1007716 2021-05-14 03:22:50
Sun May 23, 2021
1:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
【会場参加】チケット(1名分) ON HOLD ¥4,000
【会場参加】チケット(2名分) ON HOLD ¥7,500
【Zoom】オンラインチケット(1名分) ¥3,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of May 22, 2021.

Venue Address
港区六本木5丁目11−16 Japan
Organizer
学校法人SEiRYO学園
17 Followers

[PR] Recommended information